グループ雛形.gif

【新設杭に干渉する既存杭の撤去に関する研究委員会】

■趣旨:
 市街地の工事では、旧構造物を撤去した後に新設構造物を施工するケースが増加して
いる。旧構造物の杭(既存杭)が新設する杭に干渉する場合には、既存杭を撤去し、その
後に良質な土やセメント系充填材による埋め戻しを行った後に、新設杭を施工することに
なる。埋め土部分はその周囲の原地盤とは異なるため、新設杭の施工においては傾斜や
偏心などのトラブルに繋がることがある。
 このように既存杭の存在やその撤去方法が新設杭の施工におけるトラブルの主要な原
因であるにもかかわらず、その撤去とその後の対処の方法については、明確な規定やマ
ニュアルがなく、各事業者が独自に対処を行っているのが現状である。この問題はすべて
の杭工法に共通の話題であり、適切な撤去方法を提案し、指針類(マニュアル)の早急な
策定が望まれる。
 本研究委員会では、産学官の技術者・研究者が連携し、具体的な課題を抽出・検討し対
応策を議論することによって、適切な撤去・埋戻し方法と埋戻し地盤を考慮した新設杭の
施工方法の提案、関連マニュアルの策定を目標として、活動する。
■活動期間
2018年10月~2021年3月(予定)

■活動概要
上記の背景と趣旨に沿って、本委員会では以下の1)~3)の研究活動を行い、その成果に
基づき、4)既存杭の望ましい撤去方法の提案およびマニュアルの策定をめざす。
1) 既存杭の撤去方法(埋め戻し方法も含む)の現状に関する調査
2) 既存杭撤去後の埋め土部分の性状および周辺地盤への影響に関する調査
3) 埋戻し後の新設杭の施工方法の提案
以上の3項目については、ワーキンググループを設置する。最終的に4) を目標とする。
4) 既存杭の望ましい撤去方法の提案およびマニュアルの策定

■H30年度事業計画
【上期予定】
【下期予定】
・10月10日委員会の開催予定
・検討課題の精査、およびWGの構成と成果物の審議(3WGを設置予定)
・WG活動の開始
・活動状況をGeoKanto2018で報告

meibo.jpg

■活動状況
会議名┃開催日┃議事次第

平成30年度
第1回委員会┃10月10日(水)┃議事録┃第2回委員会┃12月12日(水)┃議事録
第3回委員会┃02月13日(木)┃議事録