グループ雛形.gif

【地盤情報を活用した首都直下型地震に対する宅地防災検討委員会】

■趣旨:
 地盤工学会関東支部「地盤情報を活用した首都直下型地震への対策検討委員会(委員長 安田進)
(以下前委員会と記す)」では、地盤情報データベースや地盤モデルを地震防災や減災に役立てるため、
地盤情報の継続的な収集と地盤モデルの高度化及び活用に関する検討を実施してきた。また、地盤モ
デルを用いた地震応答解析や液状化解析を行うとともに、2011年東北地方太平洋沖地震による関東地
域の被害の特徴なども整理し、近い将来発生が想定されている首都直下型地震への備えを検討してきた。
 本委員会では、近い将来の発生が想定されている首都直下型地震に対して特に宅地被害等に着目し
た上で、地盤モデルの高精度化を実施するとともに、地震応答解析等に基づいた地盤増幅評価や液状
化評価に関する考察を行い、将来起こり得る地震被害想定を実施する。このため、関東地域に多数存在
するスウェーデン式サウンディングなどの現地調査データの活用も検討し、得られた本委員会の研究成
果は、地方自治体における地震防災や減災に役立てるため、第3版の「関東の地盤」としての発刊を目指
すとともに、ATC10(Urban Geo-Informatics)国内委員会と連携して活動し、全国的に情報発信を行う予定
である。

■活動期間
2018年10月~2021年3月

■H30年度事業計画
【上期予定】

【下期予定】
・平成30年10月5日 準備委員会開催
・平成30年10月31日 委員公募の締切 委員28名
・平成30年12月12日 第1回委員会開催(活動方針,WG活動の検討)

meibo.jpg

■活動状況
会議名┃開催日┃議事録

2018年度
準備委員会┃10月5日(金)┃第1回委員会┃12月12日(水)┃