グループ雛形.gif

【液状化に係わる被害のメカニズムと名称を考える委員会】

■趣旨:
 液状化は1964年アラスカ地震と新潟地震を契機として工学的な研究が始まったことはよく知られてい
る。当初は地盤の強度がなくなるという認識であったが,その後,工学的に考慮すべき現象の範囲が
広くなってきている。例えば,1983年日本海中部地震の際の能代市の被害を契機として発見された液
状化に伴う流動,最近では北海道胆振東部地震の際の札幌市里塚の被害,インドネシア・スラウェ
島地震による大規模な流動被害なども液状化と呼ばれている。しかしながら,これらの被害は過剰間
隙水圧が上昇したということはあるかもしれないが,被害のメカニズムは異なるように思える。
 上述の様に,現在,色々なメカニズムによるものが,過剰間隙水圧の上昇というキーワード一つで液
状化と呼ばれているである。もちろん,一般の人やマスコミが用いるのであれば,それでもかまわな
いのかもしれないが,工学の分野ではそれは都合が悪いと考える。工学の分野では,名称は非常に
重要で,これがきちんと定義されていないと,議論がかみ合わなし,発言が間違って受け取られる可
能性もある。
 このような事情を考えると,新しい現象と考えられるものが出てきた現在,これまでの知識を整理し,
メカニズムを考える必があると考える。そこで,このような役割をする委員会の設置を提案する。

■活動期間
 2019年7月~2022年3月

■2020年度事業計画
 【上期予定】
  ・第4回~5回の委員会開催
  ・検討課題の精査,液状化被害の事例収集及び分類わけ
 【下期予定】
  ・第6回~7回の委員会開催
  ・議論内容の統括
  ・GeoKanto2020での活動報告発表


meibo.jpg

■活動状況
会議名┃開催日┃議事録

2020年度
第1回委員会┃ 10月6日(火)┃議事録

2019年度
第1回委員会┃ 7月25日(木)┃議事録┃第2回委員会┃10月25日(金)┃議事録
第3回委員会┃ 2月29日(木)┃議事録